• qualiatomigaya

パーソナルトレーニングはやっぱり高いの?相場をご紹介します

最終更新: 2019年12月24日

パーソナルトレーニングの費用は、マンツーマンの指導のため比較的高額なイメージがあります。ここでは相場について解説しています。


専属トレーナーからマンツーマン指導を受けられるパーソナルトレーニング。一度は行ってみたいけれど、費用が気になります。

スポーツジムやフィットネスクラブと比較した場合は、それ以上というイメージがあります。ここでは、パーソナルトレーニングの相場について解説します。


■パーソナルトレーニングの相場はどれくらい?

一般的なスポーツジムやフィットネスクラブは、月謝が1~2万円くらい。対してパーソナルトレーニングでは、1回あたり1~2万円が目安となります。

マンツーマンのトレーニングや食事指導が受けられるパーソナルトレーニングのほうが、高額であることがわります。

多くのパーソナルトレーニングジムでは、月額制ではなく2カ月〜3カ月の集中型コースが設けられています。週2回のペース、全16~24回で約20~30万円(入会費を除く)が相場です。

月会費を設けているパーソナルトレーニングジムもあります。たとえば、パーソナルトレーニングが受けられるコンディショニングジム『クオリア富ヶ谷』(https://www.qualia-base.com/)では、3つのコースを用意しています。


・プレミアム

会費:31,000円(税込 33,480円)

内容:月に1回(1回75分)のパーソナルトレーニングを行えます。

・プレミアム2

会費:38,000円(税込 41,040円)

内容:月に2回(1回75分)のパーソナルトレーニングを行えます。

・プレミアム4

会費:50,000円(税込 54,000円)


内容:月に4回(1回75分)のパーソナルトレーニングを行えます。

また、ジムの立地やサービス内容によって費用に差はあります。


■パーソナルトレーニングには値段以上の価値あり!

パーソナルトレーニングを選ぶうえで、大切な視点はコストパフォーマンスです。1回あたり1~2万円以上の価値があるか、どうかを見極めなければなりません。

その価値はスポーツジムやフィットネスクラブにはない、完全オーダーメイドのトレーニングです。個人のゴールや体質、生活習慣に最適化された運動・筋トレメニュー・計画を、プロのトレーナーに組んでもらえます。

腹筋だけでも、どのタイミングで、何回すれば良いのか個人差があります。ただ回数を重ねれば効果が期待できるわけではありません。さらに栄養学の視点から、脂質・糖質制限を徹底した食事指導も受けられます。

これらのアドバイスは、ただダイエット・筋力アップするためのプログラムではありません。いかに健康・体力・美容を維持するかという視点でも組まれています。

効果が感じられるまで、専属トレーナーによる本格的な指導を受けられるのが、パーソナルトレーニングの価値です。


■まずは体験してみよう

価値のあるパーソナルトレーニングではありますが、高額なサービスです。体験をせずに契約をするのは、不安だという人もいるでしょう。

パーソナルトレーニングジムによっては、入会前の体験レッスンを開講しているところもあります。多くの場合、格安で参加できるので、まずは体験レッスンの申込みをしてみましょう。

ジムの雰囲気やトレーナーの人柄がつかめて、トレーニングのイメージもできるので判断がつきやすくなります。


■パーソナルトレーニングの価値を最大限に活かそう

パーソナルトレーニングの相場について紹介しました。2~3カ月で20~30万円という価格は、スポーツジムやフィットネスクラブよりも費用は高めです。

しかし完全オーダーメイドのプログラムは、パーソナルトレーニングにしかない価値があります。体や健康、美容に精通したプロの専属トレーナーから、個人に最適化されたアドバイスが受けられます。

パーソナルトレーニング価値を最大限に活かして、ダイエットや肉体改造を成功させましょう。


〜体験は随時受け付け中〜 http://www.qualia-base.com/

公式instagramはじめました! https://www.instagram.com/qualia.base/

公式Facebookも更新中! https://www.facebook.com/qualia.base/

スタッフ紹介はこちらです。 http://www.qualia-base.com/#!trainers/c8hd

グループレッスンもやっています。 http://www.qualia-base.com/#!about1/c5px

94回の閲覧

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス感染拡大防止対策における電解次亜塩素酸水の噴霧中止について

平素より弊社施設をご利用いただき、誠にありがとうございます。 弊社施設にて、空間除菌を目的として「電解次亜塩素酸水」を使用し、加湿器による噴霧を実施していましたが、噴霧の中止をお知らせさせていただきます。 電解次亜塩素酸水は「水」と「塩(塩化ナトリウム)」が原材料であり、電解槽に入れて電気分解することで生成されます。 そのため使用上の安全性や、人体や自然環境、食品、食材に含まれる栄養素にも影響が少