b.a.s.e

​B.A.S測定について

Show More

B.A.S測定は、姿勢や動きのチェックを行い、身体の問題発見から問題解決までの提案を行うための「身体の定期検診」です。

私たちが運動を処方する前に必ず行うことは「カラダの現状把握」です。つまり、自分自身のカラダの「今」を知ることからはじめます。ご自身の中で「こうしたい」「こうなりたい」という目的・目標があったとします。その目的・目標から現状を埋めるためのギャップ(課題)が生まれます。その課題そのものがその人にとっての最適なアクションプラン(実際のエクササイズメニュー)になります。

 

クオリアでは、こうした評価測定をB.A.S(ボディーアライメントスクリーニング)測定と呼び、定期的測定することでお客様の目的・目標管理を行う評価を行っております。B.A.S測定を行うことで、身体の定期検診として実際に評価結果に合わせて組み立てたエクササイズプランが適切に実施され、お客様の身体の問題が解決できているかどうかの位置付けとしてのサービスとしてご提案しています。

Show More

日常生活で必要とされる基本的な動作パターンを7つに分類し正しく動作が出来ているかどうかをトレーナーが細かくチェックしていきます。

クオリアでは、目的や目標のヒヤリングを行った上で姿勢や7つの基本的動作を評価などを行います。基本的動作は「しゃがむ」「またぐ」「踏み込む」「身体を支える」「腕を動かす」などの基本的な動作を通して、全身の動作評価(ムーブメントスクリーニング)を行います。総合的にお客様の身体を細かくチェックし、お客様の目的・目標達成に必要な「原因」や「課題」を分かりやすく説明し、最適なコンディショニングプランをご提案いたします。

​7つの基本的動作

Active SLR

​/ 下半身の柔軟性を評価

仰向になり片脚を挙上するテスト。下半身の動きが十分かどうかを確認します。

SH Mobility

​/ 上半身の柔軟性を評価

​立位になり背中の後ろで両手を交互に伸ばし、拳と拳の距離を測るテスト。上半身の動きが十分かどうかを確認します。

Rotary Stability

​/ 体幹の安定性を評価

四つ這いになり対角の手と脚を同時に曲げ伸ばしを行うテスト。体幹の安定性を確認します。

Trunk Stability Push Up

​/ 体幹の安定性を評価

うつ伏せから一気に身体を持ち上げるテスト。体幹の支える力が十分かどうかを確認します。

インライン(直列)上で左右非対称の姿勢から上下に重心移動を伴うテスト。全身の柔軟性や安定性が十分かどうかを確認します。

/ ​直列姿勢での協調性を評価

In Line Lunge

Hurdle Step

/ 片脚立位の安定性を評価

両足から片脚になりハードルをまたいで前後に重心移動を伴うテスト。股関節の柔軟性や体幹の安定性が十分かどうかを確認します。

/ ​全身のコーディネーションを評価

Deep Squat

立位の状態から頭上にバーを持って深くしゃがむテスト。股関節や足首、上半身の柔軟性、または体幹の安定性などが十分かどうかを確認します。

テストは0点〜3点の4段階でスコアを判定していきます。7つの基本動作×3点=21点がテストの総得点となります。このうち、ベースライン(基準値)は14点です。スコアが高いほど上手に身体を動かせる能力があり、スコアが低いほど身体に問題があると解釈します。クオリアではこのテストを用いて身体に問題がある方に対してはさらに細かいチェックを行い、身体の問題点を探していきます。

Show More

​評価結果をもとに、お客様の身体の状態を3つに分けて、それぞれの目的に応じて最適な運動プラン作成とエクササイズの提案を行っていきます。

まずはじめにクオリアでは、目的や目標のヒヤリングを行った上で姿勢や基本的な動きの評価などを行います。その結果、(1)身体に問題がない方(2)身体に問題がある方(3)動きによって痛みを伴う、あるいは測定が実施困難な方の3つのタイプに分けてそれぞれ運動処方をご提案していきます。そこで動きによって痛みを伴う方は、痛みを改善し、身体に問題のある方はその身体の問題を解決するという形で改善し、健康でより良い状態に導くコンディショニングサービスを提供しています。

Show More

​クオリアが提供するトレーニングコンセプトは「鍛える」前にまず「整える」ことが出来ているかどうか。身体が整っているからこそ正しく、効率よく鍛えることが出来る。

トレーニングをはじめる前に、大切なことは「鍛える」​前に「整える」ことを行えているかということです。トレーニング=筋トレという考え方が一般常識として浸透していますが、身体がちゃんと整っていないのにやみくもに鍛えても期待できる効果は得られないどころか場合によってはケガや身体の不調を招いてしまいます。

​上の図はアメリカの理学療法士であるGray Cookが提唱しているもので、「鍛える」よりも「整える」ことが重要だということを教えてくれる3層に分かれたパフォーマンスピラミッドです。ピラミッドはスキル・パフォーマンス・ムーブメントの3段階に分けられ下層にいくほど基本的な能力を表します。例えば、最低限の柔軟性や筋力がないのにも関わらずやみくもに「量」を重視した鍛えるトレーニングを行うとどうなるでしょうか?身体をより良い状態にしていくためには鍛える前にまず「整える」ことが出来ているかが大切です。クオリアではまず「量」ではなく「質」を重視した整えるトレーニングを処方していきます。

Show More

​コンディショニングで「整える」ことが出来れば、整った状態で終わりではなく、整った状態から鍛えてより良い状態を維持することが大切。

「鍛える」前に「整える」ことは大切ということを先ほどお伝えしましたが、コンディショニングによって整えることが出来たのであれば、その整った状態で「鍛える」ことで、さらにより良い状態を維持する事が出来ると私たちは考えています。

​1回のトレーニングで行うエクササイズの流れ

PHASE 01 | 緩める(Mobility)

姿勢不良や動作不良によって固くなってしまった筋肉・関節を緩めていきます。緩めることで姿勢を適切な状態に戻します。

PHASE 02 | 整える(Stability)

正しい姿勢で正しい動作パターンを学習していきます​。「量」よりも「質」を重視し、身体に正しい動きを身に付けさせて身体をより良い状態に整えていきます。

PHASE 03 | 鍛える(Strength/Power )

身体が整った状態で鍛えていきます。重力に抗じるように動きに負荷をかけていきます。「押す」系の種目と「引く」系の種目を交互に行い、動きの質を高めていきます。